中古バイクにみる希少車

中古バイクごきげんリサーチmainimage

新着記事

中古バイクの買取対象はどこまで?

中古バイクを売りに出す場合、どこまでが買取対象になるのでしょうか?査定前に知っておくべき事は?

エンジンとマフラー

中古バイクもエンジンとマフラーは重要なポイントです。カスタムしているような場合は傷などもチェックしましょう。

中古バイクにみる希少車

中古バイクでも希少車となるとなかなか手に入りません。

国産ではスズキ、カワサキ、ホンダ、ヤマハあたりが人気ですが、それぞれのメーカーにも希少車はあります。

イタリア、ドイツ、アメリカ、ヨーロッパなど日本以外の海外メーカーにも、人気の希少車はあります。

希少種は、並行輸入車を探してみてもなかなか見つかりません。

ないと言われるほど欲しくなる事もありますが、闇雲に探すより、希少車や絶版車を専門に扱っている店を探したほうが早いかもしれません。

年式により入手困難なものがありますが、希少車を専門にしている店なら、独自のルートを持っているので各方面へ問い合わせ等もしてもらえます。

もし欲しかった希少車が見つかっても、必ずしも良い状態とは限りません。

年式が古い希少車ほど、ボロボロであちこち錆だらけという可能性も高くなります。

そのままでは走るのか不安になるような中古バイクでも、スレトア車として生まれ変わらせる事ができます。

レストアというのは、ボロボロの状態から修理や整備をして、新品同様ピカピカの状態にリメイクする事です。

希少車ほどやっと見つけたと思ったら、想像以上にボロボロだったというのはよくある話です。

それでも諦めるのはまだ早いかもしれません。

レストア車として完成させるには、長い時間と費用がかかります。

しかしほぼ元の姿まで蘇らせる事はできますから、手をかけ美車にしてあげてください。

レストアにも技術が必要ですから、腕の良い職人を探しましょう。