キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 エンジンとマフラー : 中古バイクごきげんリサーチ

エンジンとマフラー

中古バイクごきげんリサーチmainimage

新着記事

中古バイクの買取対象はどこまで?

中古バイクを売りに出す場合、どこまでが買取対象になるのでしょうか?査定前に知っておくべき事は?

エンジンとマフラー

中古バイクもエンジンとマフラーは重要なポイントです。カスタムしているような場合は傷などもチェックしましょう。

エンジンとマフラー

中古バイクはエンジンやマフラーをカスタムできるのも魅力です。

もちろん、カスタム箇所によっては違法改造となってしまう部分があります。

そうなると車検に通らなくなりますので、カスタムをする際は注意をしましょう。

【参考サイト:改造車の車検

カスタムする場合は、中古バイクを販売点にマフラーやエンジンのパーツ部品が販売されていることも多く、その場合は同じ店で対応してもらえるのでパーツ部品をあちこち探さずに済み便利です。

こういった専門店には独自のルートを持っていることも多く、店に無い部品は取り寄せも可能です。

どうしても見つからない場合は、ネットオークションに出品されていないか確認してみましょう。

希少車は部品の価値も高く、こういった部品はパーツだけでも高値で取引されるから、意外とオークションでも人気です。

バイクのパーツは各ブランドでも人気アイテムがありますが、ブランド別にパーツの検索ができるサイトは便利です。

オークションをチェックしてみるとわかりますが、エンジンやマフラー以外にも、サスペンションやフェンダー、カウルなど多数出品されています。

オークションで中古バイクの部品を購入する場合は、必ず買えるという保障がありません。

あまり人気のない物なら、入札者も自分だけという事もあり、時間が来るのを待てばそのまま落札となるでしょう。

しかし人気のあるメーカーの部品となれば、入札者同士での競り合いとなり、最終的に一番高い価格で落札しないと入手できません。

またオークションには常に欲しい商品があるとは限りません。

出品者がいないと商品はありませんし、落札者がいなければオークションも意味がなくなってしまいます。

そのため、あまりに求められていないパーツはオークションに出ていないこともあります。

大抵の部品は中古バイク販売店でも在庫がありますし、無くても取り寄せできますが、ない場合はオークションを覗いてみるのもいいでしょう。