キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 バイクの排気量と価格帯 : 中古バイクごきげんリサーチ

バイクの排気量と価格帯

中古バイクごきげんリサーチmainimage

新着記事

中古バイクの買取対象はどこまで?

中古バイクを売りに出す場合、どこまでが買取対象になるのでしょうか?査定前に知っておくべき事は?

エンジンとマフラー

中古バイクもエンジンとマフラーは重要なポイントです。カスタムしているような場合は傷などもチェックしましょう。

バイクの排気量と価格帯

中古バイクを探す時は、排気量と価格帯から探す事ができます。

中古バイクの価格は年式や走行距離などによる違いもありますが、排気量と価格帯をある程度覚えておけば、相場なども見えてきます。

またバイクは、車以上に種類分けがきっちりされています。

排気量だけではなく、目的によってボディの形なども異なってくるので、それも覚えておくといいかもしれませんね。

種類についてここでは説明しませんので、詳しく知りたい方は
コチラ(参考URL:http://www.jaf.or.jp/qa/bike/knowledge/01.htm)で確認をしてください。

バイクの排気量は、50cc、125cc、250cc、400cc、750cc、それ以上となります。

50ccは原付、125ccは原付二種、250ccと400ccは普通自動二輪、400cc以上は大型自動二輪となります。

免許証の種類も異なりますし、購入時の税金、維持費、保険費用なども種類により異なります。

価格帯に関しては、排気量だけでなく年式や走行距離も関係してきますが、元々の販売価格などもあるので、種類によりある程度は決まってきます。

5万円以下の場合は、原付が多くなります。

10万円から25万円までは250ccクラスがメインですが、高めの原付も含まれます。

30万円から50万円になると、かなり大型バイクもチラホラと見え始めます。

400ccが多めですが、中には1100cc大型中古バイクもあります。

世界的にも有名な大型バイクも、中古バイクで探せばお手頃価格で見つけられるでしょう。

ただし中古バイクも走行距離や年式で、乗り心地は変わってくるでしょう。

見かけは美車でも、実際には修理歴を見てみないとわかりません。

問い合わせをして販売店に行き、直接バイクを見て決めるのが一番です。

エンジンの状態や、整備状況などもきちんと確認しておきましょう。

並行輸入車の場合は、故障しても正規ディーラーでは対応不可というところが多いので、注意してください。

並行輸入車を購入する場合は、並行輸入車を専門に扱うお店を探しましょう。

専門店であれば、その店舗で修理対応をしてくれたり、修理してくれる店舗を紹介してくれるなどの対応をしてくれます。