キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 中古バイクのデザイン紹介② : 中古バイクごきげんリサーチ

中古バイクのデザイン紹介②

中古バイクごきげんリサーチmainimage

新着記事

中古バイクの買取対象はどこまで?

中古バイクを売りに出す場合、どこまでが買取対象になるのでしょうか?査定前に知っておくべき事は?

エンジンとマフラー

中古バイクもエンジンとマフラーは重要なポイントです。カスタムしているような場合は傷などもチェックしましょう。

中古バイクのデザイン紹介②

初心者のかたが中古バイク・新車バイクとバイクを購入しようと思う決定的なのはバイクの見た目、そこでバイクの形やどのようなものがあるのかを紹介していきます。

前回は『ネイキッド』『フルカウル』『ストリートファイター』を紹介しましたのでその他の種類を紹介してきますね。

まず『アメリカン』このバイクは老若男女と様々なバイク乗りから支持されているバイクです。

アメリカンバイクで圧倒的に人気なのは400ccクラス、その理由はアメリカンバイクのウリが大きさだからです。

小柄になってしまう250ccよりも絶対に大きさが保証されている400ccバイクのほうがいいと人気が集中しているのです。

250ccクラスは400ccに比べると人気はありませんがデザインはいかにも「アメリカン」といったもので、400には手が出せない、置き場所がないというかたにおすすめです。

次は『オフロード』です。

山道や林道などの足場の悪い道を走行するのに特化したバイクで、バイク自体は非常に小柄で車高が高く、背の低い方はお断りと言ってもいいくらいのバイクです。

構造もシンプルで車体も軽く、峠や下り道などでは無類の速さを誇ります。

そして『クラシック』このバイクは「ネイキッド」の中でもレトロなデザインのバイクを指します。

現代のネイキッドバイクのようなスポーツ館もなく、走行性能やスピードを求めるというよりかは街中をおしゃれに走るバイクとして人気があります。

つぎに『ビッグスクーター』です。

その名の通りで50ccのスクーターを大きくしたデザインのバイクです。

このバイクはとても実用性が高く、「大きな積載スペース」「乗車姿勢が楽」「オートマなので運転も簡単」と非常に便利なバイクです。

買い物した荷物を積むにはもってこいです。

中古バイク・新車バイク、あなたにあった素敵なバイクを購入してくださいね。