中古バイクの並行輸入

中古バイクごきげんリサーチmainimage

新着記事

中古バイクの買取対象はどこまで?

中古バイクを売りに出す場合、どこまでが買取対象になるのでしょうか?査定前に知っておくべき事は?

エンジンとマフラー

中古バイクもエンジンとマフラーは重要なポイントです。カスタムしているような場合は傷などもチェックしましょう。

中古バイクの並行輸入

通常車、やバイクは正規代理店で販売されます。

国内にも有名なバイクメーカーが数社ありますが、海外ブランドも人気があります。

海外ブランドのバイクも正規代理店が輸入をして、日本国内で販売しています。

しかし正規ルートでは日本に輸入されない、海外仕様のバイクもあり、それが欲しい人は個人で輸入する事になります。

今はインターネットから、さまざまな商品を個人輸入できますが、バイクのように手続きが面倒な物を個人輸入するのは大変です。

こういう時に便利なのが、並行輸入です。

並行輸入というのは、正規の代理店ルートではなく、ブランド使用許可の資格のない人たちが、独自のルートで海外のショップなどから買い付けて輸入する行為のことをいいます。

それだけきくと違法行為のようですが、合法的に真正品を輸入し、かつ海外と日本の商標権者が経済的・法律的に密接な関係があり、同一(たとえばグループ会社であったり)、という点が認められていれば、日本では違法ではありません。

人気車種なら、並行輸入された中古バイクでも需要はあります。

イタリア、ドイツ、アメリカなどのバイクは人気もあり、あえて並行輸入車を探す人もいます。

中古バイクに並行輸入車を選ぶ事で、日本にはない珍しいタイプに乗る事もできるからです。

人と違う中古バイクに乗っているだけでも目立ち、注目を浴びますが、並行輸入車にはデメリットもあります。

正規ルートで輸入されていないため、故障があっても国内ディラーで修理や整備をしてもらえません。

こういう場合は購入した店に問い合わせてみて、修理や整備をしている店ならば対応してくれます。

仮に修理や整備に対応していなくても、並行輸入車の対応が可能な店を紹介してもらえます。

希少車に乗れるのは大きなメリットですが、中古バイクは故障するリスクも高く、修理をする時はどこに依頼すればいいか事前に調べておくと安心です。